店舗

福祉用具の取り扱いはありますか?

介護ショップたたらでは、介護保険や障がい者医療制度で購入できる福祉用具、その他のすべり止めマットや介護用靴・杖など、多くの福祉用具の販売を行っています。 介護保険のサービスの範囲で、さまざまな福祉用具の中からご利用者様のお身体や住環境・使用状況を考え、福祉用具を選びお届けしています。

「スイッチOTC」って一体何ですか?

これまで医師の判断でしか使用できなかった医薬品を薬局で買えるようにしたのがスイッチOTCです。 スイッチOTC薬の登場で、自分自身の健康に責任を持ち、軽度な体調不良は自分で手当てをするという、セルフ・メディケーションの幅広がっています。 購入時には、薬剤師にご相談ください。

禁煙をサポートしてくれると聞いたのですが?

福岡保健企画では、ふくおか健康友の会と共同で、各薬局で禁煙サポートに積極的に取り組んでいます。 また、禁煙外来への紹介も行っていますので、各薬局の窓口にお気軽にご相談ください。

薬局独自のイベントなどありますか?

福岡保健企画の各薬局では、季節ごとにさまざまなイベントを行っています。 例えば、すこやか講座「血流測定会」では、参加者のみなさまの血流を専用測定器で計測し、それに基づいて薬剤師が生活習慣などについてアドバイスを行っています。 他にも、ウォーキングやヨガ講習、各種健康チェック、バザー、模擬店などさまざまな催しを行い、地域のみなさまの健康増進とふれあいを大切にしています。

初めて行った薬局で、いろいろ聞かれるのは何のためですか?

お薬を安全に使用していただくために必要なことをお聞きします。 お薬で副作用やアレルギーが起きたことはなかったか、現在、他にどんなお薬を服用しているかなど確認して調剤します。また、お薬は、名前が違っても成分が同じものが多いため、以前副作用があった薬の名前をお聞きし、調べて安全を確認しお渡しするためです。お薬手帳に合わない薬を記載しておくと大変役立ちます。 なお、一度お聞きしたことは薬局で記録(これを「薬歴」といいます)しておき、次回に役立てます。 かかりつけの薬局を決めておくと、患者様が使用するお薬の重複や相互作用をチェックできるので、より一層安全なお薬の使用が期待できます。

病院との連携はありますか?

福岡保健企画では、毎月合同で病院薬剤師と勉強会を重ねています。 さまざまな病院から医師を講師に招いて、専門的な学習会も開いています。 また、2年目以降に在宅業務に携わる際に、バイタルチェック研修を行います。 看護師による講義後、病棟にて実施練習をさせていただいています。